HOME 導入事例 与信管理サービス別 SMART与信管理サービス(企業情報・財務情報サービス)

お客様それぞれが抱える課題を共に解決するパートナーとして

営業現場からの情報を与信管理業務に活用する[取引先与信管理サービス][企業情報・財務情報サービス(財務データ入力)][化学品卸]

営業が直接入手した財務諸表を活用し、客観的な与信判断と営業担当のマインド向上を実現。

概要
同社は化学品卸売業。取引先に対する与信判断ノウハウがあまりなく、興信所情報のみに依存していた。最終的に与信判断を行うにあたり、情報を十分に活かしきれず、判断根拠が曖昧であることが悩みであった。そこで当社サービス導入によって客観的な与信判断情報を入手。より判断根拠を高めるべく、営業担当が自ら取引先の決算書取得も心掛けるようになった。

導入前の課題

当社の取引先は取扱商品が特殊であるため、新規先は少なく取引額もほぼ一定で推移していました。そのため与信管理の必要性は低く感じられており、社内で設定された限度額は従来の取引上限金額で設定していました。
また与信判断のノウハウがあまりなく、基本的には興信所の情報のみに頼っていましたが、不安を感じながら運用していました。

選定の理由

第一にMCCのサービスは説得力がありました。同社の格付は統計的な分析手法を用いた指標であり、判断根拠として営業に説明がつきやすいと感じました。
また、情報が不足している先については取引先から財務諸表を直接入手し、「財務データ入力機能」を利用して判断できる点も評価できました。

導入の効果

社内で財務諸表に基づく与信判断(根拠が明確な格付)が浸透していくなかで、従来からの固定観念にとらわれず取引先を客観的に見ていこうとする意識が定着してきました。
その結果、取引先に対し直接、財務諸表を入手する行動が営業現場にも広がり、与信管理マインドも向上してきました。

▲ページTOPへ戻る

関連サービス

▲ページTOPへ戻る

サービスに関する情報とお問い合せはこちら