HOME 与信管理サービス案内 SMART与信管理サービス 与信判断

与信判断

三井物産が長年にわたって蓄積したノウハウを基に与信判断情報を提供致します。

特徴

財務分析チャートやコメント、業界ポジション等で企業の状況が一目でわかります。

適正与信金額は貴社取引先の債権残の分布、貴社の財務内容、与信方針を加味して貴社オリジナルのロジックをお作りいたします。

当社にデータのない企業であっても、財務諸表を所有していれば財務データ入力で格付等の算出が可能です。

MCC格付

精度の高いMCC格付

三井物産のリスクマネジメント・ノウハウを基に、与信判断の基本情報を提供します。MCC格付や、与信判断により算出される適正与信金額を客観的判断材料として、お取引に臨むことができます。

MCC格付

基本情報

与信判断企業の住所、代表者名、設立年月、資本金などの基本情報を表示します。

格付・倒産確率

現時点の格付及び倒産確率と過去分の格付を表示します。

適正与信金額

貴社の体感に合った適正与信金額を表示します。

財務分析チャート

与信判断企業の財務分析における主要項目について業種平均(大分類)とあわせて評価点をチャート表示します。
※財務情報がある先のみ表示します。

分析コメント

財務分析チャートに表示された評価についてのコメントを表示します。

回転期間

与信判断企業の属する業種(中分類)の売上債権・棚卸資産・仕入債務の平均回転期間(日数)を表示します。

業界ポジションマトリックス

与信判断企業の属する業種(中分類)内における売上高(縦軸)と従業員数(横軸)から見た業種内のポジションを表示します。

MCC格付のランク

上場企業から中小企業まで、過去10年間の定量データを利用。

三井物産が30年にわたりブラッシュアップしてきた信用格付ロジック(統計的手法により算出)を活用。

MCC格付 区分 定義内容
S1 超優良 財務内容開示先で、規模・財務内容が極めて優良な企業群
S2 優良 財務内容開示先で、規模・財務内容が優良な企業群
S3 良好 財務内容開示先で、規模・財務内容が良好な企業群
S4 標準1 標準企業の中でも、財務内容が良好な平均的企業群
S5 標準2 標準企業の中でも、財務内容が比較的良好な企業群
S6 標準3 要注意企業群には入らないが、動向注視が必要な企業群
S7a 注意1 注意を要する企業群
S7b 注意2 十分注意を要する企業群
S7c 注意3 多大の注意を要する企業群
S8a 懸念1 財務内容・CF 面で懸念を要する企業群
S8b 懸念2 財務内容・CF 面で十分懸念を要する企業群
S8c 懸念3 財務内容・CF 面で多大の懸念を要する企業群
S9a 警戒1 S9bの企業群より優るが、財務内容・CF 面で十分に警戒を要する企業群
S9b 警戒2 財務リスクが高い先で、特に警戒を要する企業群
S9c 問題 債務超過、またはそれに準ずる極めて財務リスクが高い企業群

(*)CF:キャッシュフローの略字

格付に使用する指標

収益性・効率性・流動性・安全性・成長性・そして規模を示す指標の中から複数の指標を選び使用しております。

▲ページTOPへ戻る

倒産確率

  • 1.お取引先の信用レベルをS1~9の9段階に格付。
    →格付毎の倒産統計データに基づく倒産確率を算出。
  • 2.S7・S8・S9についてはそれぞれ3段階に分割。
    →合計15段階の格付をご提供致します。
倒産確率

▲ページTOPへ戻る

適正与信金額算出

貴社の「規模」、「収益力」、「ご商売形態」、「与信方針」等を反映したロジックにカスタマイズ致しますので、貴社の設定される与信限度額のガイドラインとしうる適正与信金額を算出致します。

適正与信金額算出
貴社の許容できるリスク量を超える過大な与信や、
債権の過度な集中によるリスクを回避することが可能になります。
→万が一の不測の事態がおきたとしても貴社の経営基盤を揺るがす事態を回避できます。
債権残高が適正与信金額を超過するお取引先については
リスクが集中していることのアラームとしてご利用頂けます。
→この様なお取引先を抽出して、個別に慎重な検証や分析を行うことで、濃淡管理を実現頂けます。

▲ページTOPへ戻る

財務データ入力

貴社が独自で入手した決算書データからも、
与信判断が可能です。

当社がデータを保有していないお取引先であっても、独自に入手された決算書データ(B/S、P/L)があれば、通常の与信判断と同一基準にて、与信判断結果(MCC格付・倒産確率・適正与信金額)をご提供致します。
サンプルPDFダウンロードサンプルPDFダウンロード
入力画面財務データ入力

▲ページTOPへ戻る

よくあるご質問

サービスに関する情報とお問い合せはこちら