「中国ビジネスに関する意識・実態調査」結果を公開 ~中国ビジネスにリスクを感じる企業が9割超~

企業の与信・債権管理に関する問題解決を支援する三井物産クレジットコンサルティング株式会社(以下、弊社)は、「中国ビジネスに関する意識・実態調査」結果を発表いたしました。

<調査結果のポイント>
・中国におけるビジネスにリスクを感じるが9割以上
・リスクを感じるのは民族性の違いによるビジネス慣習の違い
・約9割の企業が今後中国ビジネスにおいてリスク管理の強化を検討
・中国での生産コストの上昇や人件費の高騰が頭を悩ませている
・中国以外にリスクを感じる国は韓国、ブラジル、イランなど

▽調査結果のダイジェスト版はこちら(PDF
弊社では、中国企業の信用調査レポートの取得や与信・債権管理に関する研修、その他ご相談を承っております。お気軽にお問合せください。

■調査概要
【調査方法】ウェブにより実施
【調査期間】2015年12月18日~2015年12月21日
【調査対象】全国の中国企業と取引のある一般企業・団体の経営者および役員、社員、団体役員、職員
【有効サンプル数】200

▽クラウド型リスク管理ツール『みんなの海外取引「CONOCER」』(コノサー)
https://www.conocer.jp/

CONTACT

資料請求・お問い合わせ

与信債権管理に関する総合コンサルティングなら
三井物産クレジットコンサルティングにお任せください。

TEL 03-5962-3017