HOME 与信管理サービス案内 海外取引先与信管理 海外取引先管理の3つのポイント

世界の企業を一つの指標で

海外取引先与信管理

日本企業の海外取引はアジアエリアを中心として拡大基調を持続しています。日本企業の競争力が圧倒的であれば、前払いやL/C等、日本に有利な決済条件で取引が可能です。しかし現在は海外企業の競争力が高まり、これまでと同じような条件での取引は難しくなっています。そのような状況では、当該企業が貴社のパートナーとしてふさわしい企業であるか、十分に調査・確認をしたうえで取引をする必要があります。販売先だけでなく、物資や原材料の調達先についても同様です。

また、内部統制強化の為にも、海外現地法人や関係会社を含めたグループとしての「連結」与信管理が求められています。特に上場企業にあっては、投資家やステークホルダーの説明責任の観点からも、連結子会社のリスク認識が必要とされます。

このような環境の中で、貴社では海外取引先に対する管理規程・体制や運用が整っているでしょうか。国内取引先の与信管理は出来ているものの、海外については不十分という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、海外取引先の与信管理に取り組むにあたって、3つのポイントをご紹介します。

海外取引先を管理するために、まずは次の3つのことから始めましょう。

1. 認識を改める -国内取引と海外取引ではここが違う!-
2. 情報の収集と共有
3. 情報を統一的な評価軸に -そして評価の低い先への対応策を共有する-

▲ページTOPへ戻る

海外取引先与信管理サービス

よくあるご質問

サービスに関する情報とお問い合せはこちら